December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Lamento - ライ

ライ先生になじられたい… こ の 馬 鹿 猫 が ! …と。

ライ

ライ先生ドツボすぎた…SMASHなHITどころではなく鋭角を抉るように萌えるべし萌えるべし
…とのイルレのお声が天から聞こえた…これは…これは 予定調和 か

ライ

ライ


「寝ろ…」
「いいから寝ろ…」 <とても優しげな森川ボイス
で萌え死んだワケですが、

右の眼帯の下だけは コノエだけが許されるサンクチュアリであり、
疼く右目の心の闇は 冥王ハーデスに侵されまいと (聖闘士ライ)
勇気出してライの眼帯を取り右目にそっと自ら触れたコノエのような
強い猫が そばにいないとライは生きてゆけません 師匠のくせに…!
ライ

ライ

「馬鹿猫」「馬鹿猫」 を何度も言うたびにその馬鹿猫という言葉自体がもはや萌えに変貌を遂げているという
繰り返しの妙から生まれる萌えの塊ぶつけてくるライはさすが闘牙

ライ
 
-本編で萌えたライコノpoint-
 
・ライは かわいこちゃん限定の 通 り 魔
・ところどころ受けくさいライのスチル
・悪質なまたたびの混入したお香に負けたライ→ 発情 <噴出
・いつもあんま喋らないがライは むっつり <お香!お香!
・部屋割り+図書館で コノエを取り合うライとアサト…
・発情期の時に 何故にコノエから微妙に遠ざかりつつ歩いてたかというと 惹かれあう猫の近くにいるだけで
 発情する為、自らの醜態を見せるのを恐れ離れてた という暗黙の理由。 <萌
・いきなり目隠しプレイかよ!
・「俺を別の猫だと思え」 と 声を殺し別人に徹しようとするライ <萌
・その最中にコノエが途中でやめてほしくなく 「ラ…イ…!」 と初めてライの名を呼び
 ライの腕をつかんだ瞬間 最高視聴率125%
・更にその予想外の出来事に自らの心の高ぶりを感じ我慢できず途中でやめられなくなったライ <馬鹿猫が…!
・「ここが俺の心臓だ」「ここを貫け」 <萌を通り越して燃
・2度目の濡れ場は 事後付き  <おトクですね〜
・ED あられもないところまで毛づくろいをするライ師匠 <馬鹿猫
・「お楽しみはお預けだ」 で萌え死ん だ!!
 
ライはコノエの剣の師匠ですが 剣の稽古しあってるライコノは熱く
剣と剣のせめぎあいの中で日常的にひっそり生まれていた師弟なのか対等なのかという
せめぎ愛も是非注目したい萌pointです。

ライ
そうだな!

スポンサーサイト

pagetop